研究のタイプ: 疫学研究

[携帯電話使用と頭痛のリスク:横断研究の系統的レビューおよびメタ分析] epidem.

Mobile Phone Use and The Risk of Headache: A Systematic Review and Meta-analysis of Cross-sectional Studies.

掲載誌: Sci Rep 2017; 7 (1): 12595

携帯電話使用の悪影響としての頭痛の報告が増加しているが、この関連を調査した研究の結果は矛盾している。著者らは、この関連についてのデータの一貫性を評価するため、入手可能な横断研究の系統的レビューおよびメタ分析を実施した。PubMedおよびその他のデータベースから刊行済みの文献を取得してスクリーニングし、最終的に7編の横断研究をメタ分析に含め、プールしたオッズ比OR)および95%信頼区間(CI)を計算した。その結果、携帯電話ユーザーにおける頭痛リスクは、非ユーザーと比較して38%上昇した(OR = 1.38、95% CI = 1.18-1.61、p < 0.001)。1日当たりの通話時間がより長いユーザーほど(2分未満と比較して、2-15分ではOR = 1.62、95% CI = 1.34-1.98、p < 0.001;15分超ではOR = 2.50、95% CI = 1.76-3.54、p < 0.001)、また1日当たりの通話頻度が多いほど(2回未満と比較して、2-4回ではOR = 1.37、95% CI = 1.07-1.76、p < 0.001;4回超ではOR = 2.52、95% CI = 1.78-3.58、p < 0.001)、頭痛リスクが上昇した。これらのデータは、携帯電話使用は頭痛と有意に関連していることを示しており、この関連を確認し、理解するため、更なる疫学研究および実験研究が必要である、と著者らは結論付けている。

影響評価項目/リスク推定のタイプ

ばく露

ばく露集団

グループ 説明
参照集団 1 mobile phone use: no
集団 2 mobile phone use: yes
参照集団 3 mobile phone use: < 2 min/day
集団 4 mobile phone use: 2 - 15 min/day
集団 5 mobile phone use: > 15 min/day
参照集団 6 mobile phone use: < 2 calls/day
集団 7 mobile phone use: 2 - 4 calls/day
集団 8 mobile phone use: > 4 calls/day

調査対象集団

研究助成

関連論文