研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[シングル600ナノ秒電気パルス後の細胞内イノシトールリン脂質信号伝達の活性化] med./bio.

Activation of intracellular phosphoinositide signaling after a single 600 nanosecond electric pulse.

掲載誌: Bioelectrochemistry 2013; 94: 23-29

この研究は、ナノ秒電界パルス(nsPEFs)が誘導する細胞膜の障害が細胞内の複雑な脂質信号伝達経路を開始させ、最終的にさまざまな影響をもたらすという仮説に基づき、このような経路の一つであるイノシトールリン脂質信号カスケードの活性化を調べた。その結果、単発の16.2 kV/cm、600 ナノ秒パルスでこの現象が観察された、と報告している。

ばく露