研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[マイクロ波の神経系への影響に関する米国とソ連の合同プロジェクトの結果] med./bio.

Results of a United States and Soviet Union Joint Project on Nervous System Effects of Microwave Radiation.

掲載誌: Environ Health Perspect 1989; 81: 201-209

この研究は、米国およびソ連の研究グループが協力し、それぞれ独立的び実施したマイクロ波照射中枢神経系への影響の再現プロジェクトの報告である。米国とソ連の研究協力の正式プログラムにおいて、マイクロ波照射中枢神経系への影響を評価するための鋭敏で有効な試験手順の決定が全体目標とされたことを受けて、この再現プロジェクトは開始された。オスのフィッシャー344ラットに、7時間、2.45GHzの連続波マイクロ波(10mW / cm 2)のばく露擬似ばく露)を与えた。ばく露中および/またはばく露直後に、行動生化学または電気生理学的測定を実施した。行動テストは、受動的回避とオープンフィールド活動性、生化学的測定は、ATPase(Na +、K +、Mg2 +、Ca2 +)およびK +アルカリホスファターゼの活性、電気生理学的測定は、脳電図(EEG)の周波数分析であった。その結果、両国の研究グループとも、オープンフィールド活動性への有意な影響を観察しなかった;両グループとも、受動的回避タスク関連データの変動性に変化を観察したが、同じパラメータの変化ではなかった;米国グループは、擬似ばく露群に比べ、ばく露群においてNa +、K + -ATPase活性が有意に低かったことを見出したが、ソ連のグループでは観察されなかった;両国の研究グループとも、EEG周波数のパワースペクトル解析において統計的に有意な影響の指標を見出したが、同じ周波数についてではなかった、と報告した。両国のグループとも、他方の結果を立証できなかったという事実は、このような再現プロジェクトが重要で必要であるという著者らの主張を強化するものであると述べている。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To determine the most sensitive and valid test procedures for evaluating the effects of microwave exposure on the central nervous system (a United States and Soviet Union joint project).

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 7 h/day
  • SAR: 2.7 mW/g mean (unspecified)
  • 電力密度: 100 W/m² unspecified (unspecified)

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
特性
  • far field
ばく露時間 7 h/day
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 anechoic chamber
Additional information animals housed in individual polypropylene plastic cages / 28.6 cm long, 18 cm wide, 13 cm high
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 2.7 mW/g mean 測定値 unspecified -
電力密度 100 W/m² unspecified 測定値 unspecified -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Neither group observed a significant effect of microwave exposure on open field activity. Both groups found changes in variability of the data obtained using the passive avoidance procedure, but not in the same parameters. The U.S. group, but not the USSR group, found significantly less sodium potassium ATPase activity in the microwave-exposed rats compared to the sham exposed rats. Both groups found incidences of statistically significant effects in the power spectral analysis of EEG frequency (but not at the same frequency). The failure of both groups to substantiate the results of the other reinforces the authors contention that such duplicate projects are important and necessary.

研究の種別:

研究助成

関連論文