研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[非電離放射線の非熱作用を検出するための高感度モデル] tech./dosim.

Sensitive model with which to detect athermal effects of non-ionizing electromagnetic radiation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1989; 10 (4): 347-354

この研究は、非電離電磁放射線生物学的影響として観察された知見を引き起こす分子レベルのメカニズムを解明することを可能にするようなモデルシステムをデザインし、その特性を明らかにしたと報告している。プラスミドpUC8を含む大腸菌JM101におけるβ-ガラクトシダーゼ活性の評価は、多くの重要な利点を有する高感度アッセイを提供すること、β-ガラクトシダーゼの産生に関与するプロセスをそれぞれ分子レベルで調べる能力をもつこと、を説明している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

To design a simple, well-characterized, and quantifiable system to clarify the potential of non-ionizing electromagnetic radiation to cause biological effects by athermal mechanisms and whose processes can be examined individually at the molecular level.

影響評価項目

ばく露

ばく露の詳細情報なし

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

It was shown that the assessment of β-galactosidase activity in E.coliJM101 containing the plasmid pUC8 provides a sensitive assay and that the sensitivity and reproducibility are sufficient to evaluate potential biological effects of a wide range of electromagnetic fields.

研究の種別:

研究助成