[セレンが携帯電話(900 MHz)による乳がん細胞の酸化ストレス、ミトコンドリア機能およびアポトーシスを減少させる] med./bio.

Selenium Reduces Mobile Phone (900 MHz)-Induced Oxidative Stress, Mitochondrial Function, and Apoptosis in Breast Cancer Cells.

掲載誌: Biol Trace Elem Res 2014; 160 (2): 285-293

この研究は、900MHz電磁界(EMR)がヒト乳腺がん細胞株MDA-MB-231の抗酸化還元システム、ミトコンドリア脱分極に与える影響を調べた。細胞を、対照群セレンばく露群、EMRばく露群、EMR+セレンの組合せばく露群に分け、EMRばく露は、900MHz電磁界SAR 0.36 ± 0.02 W/kg)の1時間照射セレンばく露は、亜1003ナトリウム添加しての1時間培養をEMRばく露の前に行った。影響評価項目は、細胞生存率細胞内ROS産生、ミトコンドリア膜電位細胞アポトーシスカスパーゼ3および9発現。その結果、セレンは、酸化ストレス抑制およびミトコンドリア膜電位回復を通してEMR誘導性の細胞損傷および細胞生存率抑制する、などと報告している。

ばく露

関連論文