研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[無傷のウサギ心臓の回復期の有無別に見た心内除細動ショックによる電気穿孔] med./bio.

Electroporation induced by internal defibrillation shock with and without recovery in intact rabbit hearts.

掲載誌: Am J Physiol Heart Circ Physiol 2012; 303 (4): H439-H449

この研究は、除細動処置のショックにより生じる電気穿孔の程度と空間分布の特徴を、ランゲンドルフ型ウサギ灌流心臓(左心室慢性心筋梗塞(MI)心臓または正常心臓:計n=31)での実験で調べた。持続心室細動(SVF)を停止させるため、300V(事前に測定した除細動閾値の2倍)の単相性切断指数関数(MTE)波形電気ショックを与えた。ヨウ化カリウム(PI)の取り込みにより電気穿孔を評価した。その結果、PIは、全ての心臓でショック用電極付近に集中した;除細動の直後は、MI心臓群と正常心臓群において、ショック用電極周辺と心室全体のPI染色に差がなかった;ただし、MI心臓群では左心室心外膜領域で取り込みが多かった;除細動後の回復期(45分間)を経るとPIは減少したが、分布状態は同じであった、と報告している。

ばく露