研究のタイプ: レビュー/サーベイ論文

[生体膜に対する強静磁界の作用メカニズムの提案] review

A proposed mechanism for the action of strong static magnetic fields on biomembranes.

掲載誌: Int J Neurosci 1993; 73 (1-2): 115-119

シナップスの機能に対する強静磁界による効果の温度依存性が実験結果から示されている。これは、膜のリン脂質反磁性で説明できることが提案されている。膜の屈熱的な相転移と一致しているような反磁性異方性の変化は、温度依存的であり、これが強静磁界作用メカニズムであると考えられる。相転移前の温度では、非常に反磁性が高い異方性のゲル相ドメインが溶液-液晶相内に存在する。このドメインが部分的に磁気的に再配列し、膜のねじれとなり、従って、特定のチャンネルに機能障害が発生する。このメカニズムで、中枢神経系に対する、また神経筋肉接合部で静磁界の影響を説明できる。他の生物系にも似た様なメカニズムが存在していることが示唆される。