研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[鳥類の脳組織からのカルシウムイオン流出に対する振幅変調147 MHz無線周波放射の影響] med./bio.

Effect of amplitude-modulated 147 MHz radiofrequency radiation on calcium ion efflux from avian brain tissue.

掲載誌: Radiat Res 1987; 109 (1): 19-27

この研究は、ニワトリのヒナから調製した大脳皮質組織切片および大脳半球に、RFばく露(147MHz、16Hz振幅変調電力密度0.75mW / cm 2)を与え、脳組織における45Ca2 +流出を測定した 。実権データ分析の結果、カルシウム流出への有意な影響はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the effects of AM modulated 147 MHz radiofrequency radiation on the calcium efflux from avian brain tissue in vitro.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 147 MHz
Modulation type: AM
ばく露時間: continuous

ばく露1

主たる特性
周波数 147 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
特性
  • near field
偏波
  • linear
ばく露時間 continuous
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 7.5 W/m² unspecified 計算値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The findings of this study demonstrate that the calcium efflux from avian brain tissue is not effected in vitro by the exposure conditions used.

研究の種別:

研究助成

関連論文