[ウィスター雄ラットのストレス関連行動およびストレスホルモンに対する電磁界ばく露の影響] med./bio.

Effects of Electromagnetic Radiation Exposure on Stress-Related Behaviors and Stress Hormones in Male Wistar Rats.

掲載誌: Biomol Ther (Seoul) 2014; 22 (6): 570-576

この研究は、ウィスター雄ラット超低周波磁界(ELF-EMF:1または5Hz、0.1mT、ばく露期間3、7、14、21日)のばく露を与え、ばく露終了後に行動テスト、代謝パラメータおよび血中ストレスホルモンノルアドレナリン副腎皮質刺激ホルモンACTH))レベルの測定を行った。結果として、ELF-EMFは体重、餌や水の摂取量に影響しなかった;血中グルコースレベルは5Hzでは上昇、1Hzでは低下した;両周波数で、ACTHレベルは上昇、ノルアドレナリンレベルは低下した;5Hzでばく露日数の増加とともに、ストレス関連行動が増加した、と報告している。

関連論文