研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波磁界及び全脳虚血はアレチネズミの脳下垂体ACTH及びTSH細胞に影響する] med./bio.

An Extremely Low Frequency Magnetic Field and Global Cerebral Ischemia Affect Pituitary ACTH and TSH Cells in Gerbils.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2020; 41 (2): 91-103

神経内分泌系は、磁界(外的ストレス因子)および脳虚血(内的ストレス因子)によって調節され得る。この研究は、3月齢のアレチネズミの下垂体副腎皮質刺激ホルモンACTH)および甲状腺刺激ホルモンTSH細胞の形態機能的特徴に対する、超低周波(ELF)磁界(50 Hz平均0.5 mT)への7日間のばく露、および10分間の全脳虚血の個別のまたは複合的な影響を調べた。実験開始から7日目および14日目に測定を実施し、両ストレス因子の即発影響と遅発影響を判断した。その結果、ELF磁界ばく露および10分間の全脳虚血は、個別でも同時に行った場合でも、ACTH細胞の体積密度を低下させた(P < 0.05)。一方、細胞内ACTH含量および血漿ACTH濃度の7日目の低下(P < 0.05)は、同時に行った場合にのみ認められた。ELF磁界は7日目の血清TSH濃度、および14日目の細胞内TSH6濃度を上昇させた(P < 0.05)。10分間の全脳虚血も単独で血清TSH濃度を上昇させた(P < 0.05)が、ELF磁界ばく露と同時に行った場合、14日目の細胞内TSH6含量を上昇させた(P < 0.05)。ELF磁界および/または10分間の全脳虚血は、ACTHおよびTSH合成および分泌の即発および遅発刺激を生じ得る、と著者らは結論付けている。

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • electromagnet
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 0.5 mT mean 測定値 - -

Reference articles

  • Raus S et al. (2012): [超低周波磁界は全脳虚血を呈するスナネズミの運動行動に変化を生じる]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究助成

関連論文