[葉酸で被覆された磁性ナノ粒子と100Hz磁界の組み合わせによりBEL-7402細胞に選択的に誘導されたアポトーシス] med./bio.

Apoptosis selectively induced in BEL-7402 cells by folic acid-modified magnetic nanoparticles combined with 100 Hz magnetic field.

掲載誌: Int J Nanomedicine 2014; 9: 2043-2050

この研究は、葉酸で被覆された磁性ナノ粒子(FA-MNPs:直径20nm)と100Hz磁界の組み合わせばく露が、ヒト肝がん細胞BEL-7402およびヒト正常肝細胞HL7702に与える影響を調べた。100Hz磁界(直径20cmのソレノイドコイル中に置いた培養ウェルの位置で0.7mT)の30分間ばく露を1時間間隔で5回繰り返し、合計150分間ばく露した。ナノ粒子および鉄イオン細胞取り込み誘導結合プラズマ原子発光分光法で測定した。ばく露後に、アポトーシスフローサイトメトリで測定した。その結果、FA-MNPsと100Hz磁界の組み合わせ群では、FA-MNPs単独群や100Hz磁界単独群に比べ、細胞増殖低下、アポトーシス誘導増加が有意であった;BEL-7402では、HL7702に比べ、アポトーシス効果が高く,これは鉄イオン取り込みの高さに依存していた、と報告している。

ばく露

関連論文