[新しい単発パルス電磁界は骨髄由来間葉系幹細胞の骨形成、そして骨修復を刺激する] med./bio.

A novel single pulsed electromagnetic field stimulates osteogenesis of bone marrow mesenchymal stem cells and bone repair.

掲載誌: PLoS One 2014; 9 (3): e91581

この研究は、単発パルス電磁界(SPEMF)による新しいプロトコル(1日1回0.6または1Tの単パルスを10発または30発ばく露)の有効性を調べるために、インビトロ実験では、ヒト骨髄由来間葉幹細胞(hBMSCs)の増殖および骨形成分化を評価し、インビボ実験では、Balb/Cマウスでの壊死移植脛骨の骨幹部を2mm切り出して液体窒素で凍結して壊死させた後に、元の場所に戻して固定)部位における新しい骨形成と再血管新生を評価した。インビトロ実験の結果、5日間のSPEMF(1T、30発)処置群に有意な細胞毒性影響は見られなかったが、2、4日間処置では細胞増殖は増加しなかった;3-7日間処置群で骨形成分化が増加した;骨ミネラル化も10、15、20、25日間処置群で増加した;細胞増殖骨形成への効果は7日処置群と25日処置群で同等であった;インビボ実験の7、25日間処置群でも、手術後2、4週間で壊死骨周囲の仮骨形成壊死骨内の血管新生が増加した、と報告している。

ばく露

関連論文