研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[定量的酵素組織化学および顕微鏡的分析によって内側手綱核へのマイクロ波照射後のカルシウムおよびカルシウム依存性ATP分解酵素の超微細構造分布の変化が明らかになる] med./bio.

Qualitative enzyme histochemistry and microanalysis reveals changes in ultrastructural distribution of calcium and calcium-activated ATPases after microwave irradiation of the medial habenula.

掲載誌: Acta Neuropathol 1996; 92 (4): 362-368

この研究は、マウスに変調マイクロ波全身ばく露を与えた後、内側手綱核のカルシウムおよびカルシウム活性化ATPaseの局在化を電子顕微鏡で調べた。その結果、対照群では、カルシウム含有沈着物は様々な細胞内区画に見られ、しばしば神経末端のシナプス小胞膜の内側に局在した;16Hz変調マイクロ波照射の1時間後において、カルシウム沈着物を含有するシナプス小胞の数が減少し、反応生成物は新しい場所(シナプス間隙およびニューロン形質膜の非シナプス表面)に現れた;このように修飾されたカルシウム分布は、照射後24時間保持された、などを報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the ultrastructural distribution of calcium and calcium-activated ATPases by electron microscopy in the medial habenula of mice after 3 h whole body irradiation with 16 Hz modulated 2450 MHz microwaves.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1:
  • unspecified
Modulation type: AM
ばく露時間: continuous for 3 h

ばく露1

主たる特性
周波数
  • unspecified
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 3 h
Modulation
Modulation type AM
Modulation frequency 16 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • 詳細不明
チャンバの詳細 circular plastic container (23 cm diameter, 5 cm high, divided into 10 cages)
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 1 mW/cm² - - - -

Reference articles

  • Somosy Z et al. (1993): [マウス小腸の接合複合体におけるピロアンチモネート沈降性カルシウム含量に及ぼす変調および連続マイクロ波照射の影響]

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • medial habenula
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Low frequency modulated 2450 MHz microwave irradiation was capable to modify the distribution of calcium ions in the CNS and independently influenced the activity of calcium-dependent ATPases.

研究の種別:

研究助成