[静電界の生物学的影響:血液の酸化プロセスにおける赤血球関連の変化] med./bio.

Biological effects of the electrostatic field: red blood cell-related alterations of oxidative processes in blood.

掲載誌: Int J Biometeorol 2016; 60 (1): 99-111

この研究は、静電界(200kV/m)にばく露したラット赤血球(RBCs)および血漿における酸化促進酵素/抗酸化酵素の活性、活性酸素種ROS)の含有量、タンパク質および脂質酸化的変化を調べた。ばく露時間は短時間(1時間)および長期間(6日間、毎日6時間)の2通りを実験した。その結果、短時間ばく露では、酸化的に損傷されたタンパク質の血中での増加が、特にRBCの細胞膜で強く見られた;長期間ばく露では、対照群に比べばく露群で、末梢血のRBC含有量が多く、酸化促進プロセスの減弱が見られた、と報告している。

ばく露