[パルス電界により刺激された多血小板血漿:血小板活性化、凝血促進マーカ、増殖因子放出および細胞増殖] med./bio.

Platelet-rich plasma stimulated by pulse electric fields: Platelet activation, procoagulant markers, growth factor release and cell proliferation.

掲載誌: Platelets 2016; 27 (2): 128-135

この研究は、創傷治療などへの応用が研究されている活性化された多血小板血漿(PRP)について、パルス電界(PEF)刺激により安定したPRP活性化がもたらされるかを検討した。現在のPRP治療において体外刺激因子として用いているウシトロンビンによる合併症の回避も期待している。調整されたヒトPRPに、PEF刺激ウシトロンビン投与、トロンビン受容体活性化ペプチド(TRAP)投与、溶媒のみ投与の処置を行い、PRP活性化、成長因子放出、細胞増殖低下に対する効果をイン・ビトロで比較した。その結果、PEFの方がトロンビンまたはTRAP投与に比べ、血小板由来の微粒子(Pセレクチン陽性微粒子、凝固促進アネキシンV陽性微粒子)の産生が多かった;同様にPEFの方が上皮成長因子の放出上昇レベルが高かった;一方、差異がない成長因子もあった、と報告している。

ばく露