[静磁界下でのラットのインスリン分泌およびグルコース輸送体GLUT2に対するビタミンDの影響] med./bio.

Effects of vitamin D on insulin secretion and glucose transporter GLUT2 under static magnetic field in rat.

掲載誌: Environ Sci Pollut Res Int 2015; 22 (22): 18011-18016

この研究は、静磁界SMF:128 mT)にばく露したラットインスリン分泌およびグルコース輸送体GLUT2に対するビタミンD(VD)の影響を調べた。ウィスター雄ラットは4群に分けた。対照群、SMF群(1日1時間、5日間ばく露)、VD群(1600 IU/体重100 g、強制飼養により5日連続投与)、共ばく露群(SMFばく露最終日のばく露後にVDの1回量を経口投与)である。その結果、SMF群では、血漿中のグルコースレベル上昇およびインスリン濃度低下が生じた;またSMF群では、β細胞のインスリン含有量および膵島部分が減少し、膵島の細胞外膜でのGLUT2発現がなかった;VDを共ばく露した群では、SMFによるインスリンおよびグルコース異常は修正されたが、膵島の減少は修正されなかった、と報告している。

ばく露