[1-2 kHzの範囲の低周波電磁界による出芽酵母の増殖動態の変化] med./bio.

Modification of S. cerevisiae Growth Dynamics Using Low Frequency Electromagnetic Fields in the 1-2 kHz Range.

掲載誌: Biomed Res Int 2015: 694713

この研究は、2種の野生株の出芽酵母増殖動態に対する低周波磁界ばく露の影響を調べた。低周波磁界は、周波数1.2、1.4、1.6、1.8、2.0kHz、平均磁束密度2.43mTで、連続して66時間ばく露した。実験にこれらの周波数を選択した理由は、イオンパラメトリック共鳴理論への関心、この周波数のばく露により出芽酵母微小管から発生する生体信号を記録した論文の存在によると述べている。実験結果は、2種の酵母のどちらにおいても、周波数依存性の増殖反応を示したと報告している。

ばく露