[単発パルス電磁界療法はWntシグナル経路およびスクレロスチン減少を通して骨形成分化を増加させる] med./bio.

Single-pulsed electromagnetic field therapy increases osteogenic differentiation through Wnt signaling pathway and sclerostin downregulation.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2015; 36 (7): 494-505

この研究は、著者らが以前の論文で報告した所見「単発パルス電磁界(SPEMF)が骨芽細胞における骨分化を増加させる」のメカニズムについて検討するため、短期間(SS)および長期間(SL)(アブストラクトには具体的数字は不記載)のSPEMF処置の実験を行った。その結果、SSおよびSL処置は両者ともミネラル化を増加させたが、アルカリホスファターゼ(ALP)活性は、SPEMF処置開始後5日間内に増加した;SS処置は、Wnt1、Wnt3a、Wnt10b、Fzd9、ALP、Bmp2の遺伝子発現を増加させた;SPEMF処置開始後5日で見られたスクレロスチン抑制は、SSよりSL処置でより顕著であった;SL処置は、

ばく露

関連論文