[900MHz連続波電磁界への母体ばく露はその仔である32日齢雌ラットの小脳に神経細胞損失および病理学的変化を起こす] med./bio.

Maternal exposure to a continuous 900-MHz electromagnetic field provokes neuronal loss and pathological changes in cerebellum of 32-day-old female rat offspring.

掲載誌: J Chem Neuroanat 2016; 75 Pt B: 105-110

この研究は、出生前に900MHzの電磁界EMFばく露を受けた32日齢雌ラット小脳を立体解析学的および組織病理学的に検査した。妊娠ラット妊娠対照群妊娠擬似ばく露(PS)群、妊娠EMFばく露PEMF)群に分け、PEMF群またはPS群は、妊娠13日目からに21日目までケージ内でEMFに1日1時間ばく露または擬似ばく露した。それぞれの群から出生した新生仔をそれぞれ対照群擬似ばく露群、EMFばく露群とし、出生後32日に雌の仔ラットを屠殺してその小脳組織切片のプルキンエ細胞を検査した。その結果、対照群および擬似ばく露群に比べ、EMFばく露群ではプルキンエ細胞の数が有意に減少していた;またEMFばく露群では若干の病理学的変化が見られた、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文