[2.45 GHzマイクロ波放射は酸化/ニトロソ化ストレス誘導性のp53依存性/非依存性海馬アポトーシスを介して学習および空間記憶を損なう:分子的基礎と基本的メカニズム] med./bio.

2.45 GHz Microwave Radiation Impairs Learning and Spatial Memory via Oxidative/Nitrosative Stress Induced p53 Dependent/Independent Hippocampal Apoptosis: Molecular Basis and Underlying Mechanism.

掲載誌: Toxicol Sci 2015; 148 (2): 380-399

この研究は、Swiss系雄マウス(12週齢)の海馬の空間学習および記憶に対する低レベルマイクロ波MW電磁界の短期ばく露(15日間)および長期ばく露(30および60日間)の影響を調べた。MWは、2.45GHzの連続波で、平均電力密度0.0248mW/cm2、全身平均 SAR値0.0146W/kgで、それぞれのばく露期間中1日2時間のばく露を行った。空間学習および記憶をモーリスの水迷路タスクで測定した。また海馬酸化ニトロソ化ストレス、形態、前アポトーシスタンパク質(p53およびBax)の発現などを検査した。その結果、短期および長期ばく露において、海馬酸化ニトロソ化ストレスが増大し、それが海馬の一領域の神経および非神経細胞アポトーシスを増加させた;空間学習および記憶の低下は、MWのばく露期間の長さとともに大きくなった:空間学習および記憶の低下は、海馬の一領域の神経細胞の分岐および樹状突起棘の減少と相関していた、と報告している。

ばく露