[Wi-Fiの2.4GHz無線周波電磁界ばく露後の抗生物質への非線形応答および窓理論を立証する微生物である肺炎桿菌] med./bio.

Klebsiella pneumonia, a Microorganism that Approves the Non-linear Responses to Antibiotics and Window Theory after Exposure to Wi-Fi 2.4 GHz Electromagnetic Radiofrequency Radiation.

掲載誌: J Biomed Phys Eng 2015; 5 (3): 115-120

この研究は、Wi-Fiの2.4GHz無線周波電磁界へのばく露後に、肺炎桿菌の抗生物質抵抗性が変化するか否かを調べた。抗生物質感受性試験には寒天拡散法を用い、ばく露群および対照群の阻止円(菌の生育が抑制される部分)を比較した。ばく露には通常のWi-Fiルータを用い、ばく露時間は3、4.5、8時間とした。その結果、4.5時間ばく露群で抗生物質感受性が有意に上昇した;3時間ばく露、8時間ばく露での阻止円は4.5時間ばく露よりも小さかった、と報告している。

ばく露