[時間変動磁界へのばく露の催奇性評価] med./bio.

Teratological assessment of exposure to time-varying magnetic field.

掲載誌: Teratology 1988; 38 (5): 461-466

催奇評価を交流磁界ばく露させたラットで行った。磁界はVDTで生じるのと似た波形である。メスラットを、1日7時間で妊娠前2週間と妊娠中に渡ってばく露された。磁界の強度は3通り(5.7, 23, 66uT)を使用した。これらの強度すべて、VDT使用者が曝されるよりも高い値である。高磁界で母体のリンパ球数の僅かではあるが統計的に有意な減少が、対照群と比べて見られた。歯科イズ、リンパ球数は通常の正常な範囲であり、血液のパラメータについては見られウル変化には著しい変化はなかった。3通りに磁界強度で、有意な母体と胎児での調べたパラメータに有意な違いはなかった。骨格の発育に僅かな差異が見られたが、催奇形成ひょうかでは常に現れる、通常の

ばく露

関連論文