[携帯電話の電磁界放射、着信音、および振動へのばく露はアルビノウィスターラットの不安様行動および酸化ストレスバイオマーカに影響する] med./bio.

Exposure to mobile phone electromagnetic field radiation, ringtone and vibration affects anxiety-like behaviour and oxidative stress biomarkers in albino wistar rats.

掲載誌: Metab Brain Dis 2016; 31 (2): 355-362

この研究は、アルビノウィスター雄ラット(n=25)を5群(各n=5)に分け、I群:対照群携帯電話のスイッチOFF)、II群:サイレントモード携帯電話へのばく露、III群:バイブレーションモード携帯電話へのばく露、IV:着信音作動中の携帯電話へのばく露、V群:バイブレーションおよび着信音の作動中の携帯電話へのばく露、とした。II群からV群での携帯電話へのばく露は、1日30分間(20秒間の作動を30回反復)で4週間継続した。ばく露終了の24時間後に神経行動学的検査で不安度を測定し、その後屠殺して、脳組織標本酸化ストレス指標を測定した。その結果、全ての実験群で対照群に比べ開放アーム滞在時間の有意な減少(すなわち、不安度の上昇)が見られた;IVおよびV群では、対照群に比べ、カタラーゼ活性の有意な低下が見られた、と報告している。

ばく露

研究助成