研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ウニの胚における電磁放射線の影響] med./bio.

Effects of electromagnetic radiation on embryos of sea-urchins.

掲載誌: Bioelectrochem Bioenerg 1997; 43 (1): 161-164

この研究は、電磁放射(EMR)がウニに与える影響を調べた。その結果、受精卵数の減少、異常受精膜を伴う接合子の数の増加が生じた;細胞表面の微細構造の損傷脂質過酸化の増加およびアミノ酸代謝の変化が見られた;このことから、EMRばく露を受けた胚の発生異常は膜構造損傷によって起きたことが示された、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To study the effects of electromagnetic irradiation on the processes of early embryogenesis, using sea urchin embryos.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 450 MHz
ばく露時間: continuous for 5-20 min
ばく露2: 450 MHz
ばく露時間: continuous for 10 min

ばく露1

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 5-20 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • not further specified apparatus developed at the laboratory
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 mW/cm² - - - -
電力密度 200 mW/cm² - - - -
電力密度 300 mW/cm² - - - -

ばく露2

主たる特性
周波数 450 MHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 10 min
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • E1と同じ装置
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 100 mW/cm² - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

Electromagnetic irradiation produces a decrease in the number of fertilized eggs and an increase in the number of zygotes with abnormal fertilization envelopes. The microstructural impairments of the cellular surface, the increase of lipid peroxidation and the changes of amino acid metabolism show that the impairments of the development of exposed embryos are caused by the damages of the membrane structures.

研究の種別:

研究助成