[論文「ラットのアポトーシス、精子パラメータおよび精巣組織形態計測学に対するWi-Fi(2.45GHz)ばく露の影響:時間経過研究」へのコメントに対する著者の返信] comment

Reply of the Author: Comments on Effects on Wi-Fi (2,45 GHz) Exposure on Apostosis, Sperm Parameters and Testicular Histomorphometry in Rats: A Time Course Study.

掲載誌: Cell J 2016; 17 (4): 755

表記題目のShokri 他の論文(Cell Journal Vol.17, 2015: 322-331)に関し、ラット実験においてラット拘束しなかったこと、2本のアンテナを設置したばく露チャンバ内の電磁界分布の不均一性などドシメトリ上の問題についてコメントが寄せられた。それに対して論文著者は、拘束しなかったのはストレスを与えないためである;アンテナに対するケージの位置は毎日、無作為に変化させ、日によって近かったり、遠かったりしたのは、ヒトの生活環境でのアンテナとの関係を摸擬したためで、チャンバの幾何学的情報は測定しなかった;使用したアンテナの技術仕様については確認中である、などと回答している。

ばく露

コメントがつけられた論文