[ラットにおけるアポトーシス、精子パラメータ、精巣組織形態計測学へのWi-Fi(2.45GHz)ばく露の影響:時間経過研究] med./bio.

Effects of Wi-Fi (2.45 GHz) Exposure on Apoptosis, Sperm Parameters and Testicular Histomorphometry in Rats: A Time Course Study.

掲載誌: Cell J 2015; 17 (2): 322-331

この研究は、3月齢のウィスター雄ラット(n=27)を3群(対照群ばく露条件の異なるばく露群2つ:各n=9)に分け、2本のWi-Fiアンテナを向い合う壁に設置したばく露チャンバを用いた2.45GHz電磁界全身ばく露ばく露レベルはアブストラクトに記載なし)が精巣アポトーシス組織形態、また精子パラメータに与える影響を調べた。ばく露群は、1日1時間または7時間のばく露を2ヵ月間継続した。その結果、1または7時間のばく露群では、精子パラメータのばく露時間に依存した低下が見られ、精細管におけるアポトーシス陽性細胞の数およびカスパーゼ3の活性が上昇した;精嚢重量は、対照群に比べ有意に減少した、と報告している。

ばく露

この論文に対するコメント

関連論文