[雄ラット腎臓の発達に対する2.45 GHz無線周波装置への長期の出生前および後の影響] med./bio.

Effects of long-term pre- and post-natal exposure to 2.45 GHz wireless devices on developing male rat kidney.

掲載誌: Ren Fail 2016; 38 (4): 571-580

この研究は、2.45 GHz無線周波装置へ出生前および出生後に長期ばく露した雄ラット腎臓組織酸化ストレスマーカおよび組織学的変化を評価した。実験は、出生前ばく露群、出生後ばく露群、擬似ばく露群の3群で実施した。その結果、出生前ばく露群では、腎臓組織マロンジアルデヒドMDA)および総酸化状態(TOS)レベルが高く、総抗酸化状態(TAS)およびスーパーオキシドジスムターゼ(SOD)レベルは低かった; スポット尿のNAG/クレアチニン比は出生前および出生後ばく露群で有意に高かった、などの所見を報告している。ただし、ばく露条件等は抄録に明示がない。

ばく露

研究助成

関連論文