[大腸菌およびネズミチフス菌株における直流電流の変異原性および遺伝毒性潜在力] med./bio.

Mutagenic and genotoxic potential of direct electric current in Escherichia coli and Salmonella thyphimurium strains.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2016; 37 (4): 234-243

この研究は、大腸菌およびネズミチフス菌株に対する直流電流の変異原性および遺伝毒性を調べるため、5種類のアッセイを行った:修復欠損突然変異体の生存アッセイネズミチフス菌ヒスチジン要求性の復帰突然変異エームズ試験)、リファンピシン耐性への前進突然変異アッセイファージ再活性化アッセイ、溶原性誘導アッセイである。3つの実験条件で、2mAの直流電流細胞への陽極作用、陰極作用、電子イオン作用を、通電時間を変えて0.36−3.60クーロンの範囲で調べた。その結果、変異原性および遺伝毒性は何も検出されなかったと報告している。

ばく露