研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[酸化チタンナノチューブ層表面での電界誘導による骨形成分化] med./bio.

Electric field-induced osteogenic differentiation on TiO2 nanotubular layer.

掲載誌: Tissue Eng Part C Methods 2016; 22 (8): 809-821

この研究は、一定の電界による特定基質(ナノチューブ状の酸化チタン)上での間葉幹細胞骨形成分化誘導について実験的に検討した。その結果、電界は原形質膜突起の形成およびこれら突起へのコネキシン43輸送を刺激する;コネキシン43は、電界誘導による細胞内カルシウム持続的増加のために必要であり、ギャップ結合を介して隣接細胞へ急速に伝搬する;これにより、下流のカルシニューリン/CAMKII/NFAT信号伝達シグナリングと同時的な骨形成誘導が可能になる、と報告している。

ばく露