[短期の超低周波電磁界ばく露はマウスの循環白血球の数を増加させ、HPA軸の信号伝達に影響を与える] med./bio.

A short-term extremely low frequency electromagnetic field exposure increases circulating leukocyte numbers and affects HPA-axis signaling in mice.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2016; 37 (7): 433-443

この研究は、マウスに超低周波電磁界(ELF-EMF;20-5000 Hzの複数周波数を含む信号、磁束密度10μT、1日当たりのばく露時間1、4、24時間)の短期(1週間継続)および長期(15週間継続)の全身ばく露を与え、ストレス調節および免疫応答における全身的影響を調べた。すなわち、血中の白血球数(短期および長期)および副腎皮質刺激ホルモン濃度(短金み)、さらに短期については、視床下部室旁核、下垂体副腎でのストレス関連パラメータ(副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン、プロオピオメラノコルチン(POMC)、CYP11A1遺伝子発現)を調べた。その結果、短期ばく露では、対照群に比べ24時間/日ばく露群において白血球数(特に好中球およびCD4 ± 性リンパ球)が有意に増加していたが、長期ばく露ではそうではなかった;POMC発現および血漿副腎皮質刺激ホルモン対照群に比べ有意に低下した;短期ばく露視床下部下垂体副腎軸が活性化される可能性が示された、と報告している。

ばく露