[受精および胚発生に対する模擬的な携帯電話電磁放射の影響] med./bio.

Effects of Simulated Mobile Phone Electromagnetic Radiation on Fertilization and Embryo Development.

掲載誌: Fetal Pediatr Pathol 2017; 36 (2): 123-129

この研究は、排卵期のマウスに935MHz電磁界放射電磁界強度3レベル(高、中、低):抄録には具体的物理量の記載無し)を1日当たり2または4時間、3日間連続で与え、その後に卵子をイン・ビトロ受精させ、6時間後の受精率(6-FR)、72時間後の桑実胚率(72-MR)、110時間後の胞胚率(110-BR)を観察した。その結果、低レベルばく露群では対照群に比べ、6-FR、72-MR、110-BRが低下したが、その差は有意ではなかった;中および高レベルばく露群では、1日当たり2または4時間ばく露のサブグループどちらにおいても、72-MRおよび110-BRが対照群に比べ有意に低下した;さらに、2時間と4時間ばく露のサブグループ間に有意差が見られた、と報告している。

ばく露

研究助成

関連論文