[げっ歯類モデルでの創傷治癒のためにコラーゲンスポンジ足場に播種されたヒト表皮幹細胞の移植に対する50Hz電磁界の有効性] med./bio.

Efficacy of 50 Hz electromagnetic fields on human epidermal stem cell transplantation seeded in collagen sponge scaffolds for wound healing in a murine model.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2017; 38 (3): 204-212

この研究は、ヒト表皮幹細胞(ESC)をコラーゲンスポンジ足場に播種して移植片を作成し、その移植を受けた創傷の治癒に対するに50Hz磁界ばく露EMF)の有効性を評価した。創傷モデル(ヌードマウスで実験的に作成された全層欠損創傷)を無作為に3群(対照群(無処置)、ESC移植群、ESC移植+EMF処置群)に分け、ESC移植+EMF処置群のヌードマウスはESC移植後、創傷部位に20日間、EMF(5 mT、60分/日)処置が与えられた。その結果、ヒトESCのヌードマウスへの移植は成功した;他の2群に比べESC+EMF群の治癒速度は最も速く、皮膚再生構造成熟度が高かった、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露