[50 Hz磁界および微弱な青色光の細胞での検出:スーパーオキシドレベルおよび遺伝毒性への影響] med./bio.

Cellular detection of 50 Hz magnetic fields and weak blue light: effects on superoxide levels and genotoxicity.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2017; 93 (6): 646-652

この研究は、「スーパーオキシドレベルおよび遺伝毒性に対する50 Hz磁界の影響は青色光の存在に依存する」という仮説を検証した。ヒト神経細胞芽種細胞SH-SY5Yに50Hz、100μT磁界への24時間ばく露を、光毒性が生じない微弱レベルの青色光の存在の有無の条件下で実施した。影響評価項目は、メナジオン(ミトコンドリアでのスーパーオキシド産生およびDNA損傷誘導剤)への反応性の他に、小核増殖、生存力、細胞質およびミトコンドリアでのスーパーオキシドレベルとした。その結果、磁界ばく露(青色光なし)は、細胞質スーパーオキシド産生を上昇させ、青色光によりこの影響は抑制された;ミトコンドリアスーパーオキシド産生は、磁界でも青色光でも低下したが、両者の影響は加算的ではなかった;小核発生頻度は、どちらの単独ばく露でも変化しなかった;ただし、メナジオン誘導性の小核発生は青色光により上昇し、磁界と青色光の組合せの場合において顕著であった;全体的には、仮説は支持されなかった、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文