[超低周波電磁界は(Zn)-メタロチオネイン-3の調節を介してhBM-MSCsの神経分化を誘導する] med./bio.

Extremely low-frequency electromagnetic field induces neural differentiation of hBM-MSCs through regulation of (Zn)-metallothionein-3.

掲載誌: Bioelectromagnetics 2017; 38 (5): 364-373

この研究は、神経変性疾患関連因子の観点から、細胞内亜鉛(Zn)恒常性の維持および失調に関与するZn-メタロチオネイン-3(Zn-MT3)を取り上げ、 超低周波電磁界(ELFEMF)がヒト骨髄由来間葉細胞(hBM-MSC)に誘導する神経分化がZn-MT3恒常性に及ぼす影響を調べた。実験により、ELFEMFばく露がhBM-MSCに神経分化誘導し、それにより増殖低下および神経細胞様形態の増加という特徴が示された;神経マーカであるβ-チューブリン3、プレイオトロフィン、ニューロフィラメント-MのmRNAレベルでの発現、MAP2のタンパク質レベルでの発現が観察された;このような神経分化は、金属応答配列転写因子1およびMT3の発現低下ならびに細胞内Zn濃度低下と相関した;これらのデータから、ELFEMF誘導神経分化においてMT3調節メカニズムが働く可能性が示された、と報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露