研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[ラットにおける行動および酸化ストレスに対する反復的な拘束ストレスおよびWi-Fi信号ばく露の影響] med./bio.

Effects of repeated restraint stress and WiFi signal exposure on behavior and oxidative stress in rats.

掲載誌: Metab Brain Dis 2017; 32 (5): 1459-1469

この研究は、雄ラット認知機能および脳内の酸化ストレスに対する、反復的な拘束ストレスおよびWi-Fi信号への共ばく露の影響を調査した。ラット対照群、Wi-Fiばく露群、拘束群、Wi-Fiばく露拘束群に分けた。Wi-Fiばく露および拘束ストレスを2時間/日、20日間与えた後、高架十字迷路での不安、水迷路での空間学習能力、大脳酸化ストレス応答、ならびに脳内および血清中のコリンエスエラーゼ活性についての各種検査を実施した。その結果、Wi-Fiばく露および拘束ストレスは、単独でも組合せでも、空間学習および記憶能力を損なわずに不安行動を生じた。大脳のレベルでは、Wi-Fiばく露および拘束ストレスによって酸化ストレス応答が生じた。また、Wi-Fiばく露アセチルコリンエステラーゼ活性を高めた。

ばく露

関連論文