[携帯電話周波数(900 MHz)の電磁界はシマミミズ(Eisenia fetida)におけるDNA改変に加えて一般的なストレス応答の開始のトリガとなる] med./bio.

Electromagnetic fields at a mobile phone frequency (900 MHz) trigger the onset of general stress response along with DNA modifications in Eisenia fetida earthworms.

掲載誌: Arh Hig Rada Toksikol 2017; 68 (2): 142-152

この研究は、シマミミズを携帯電話周波数(900 MHz)の電磁界(10-120 V/m、比吸収率SAR)で0.13-9.33 mW/kgに相当)に2時間ばく露した。より長時間(4時間)のばく露変調、2時間のばく露後の24時間の回復期間の潜在的影響を、23 V/mで調べた。その結果、全てのばく露処理で、定量的無作為増幅多型DNA-PCRで評価した有意なDNA改変が生じた。2時間のばく露後の24時間の回復期間後でも、プローブハイブリダイゼーション部位の数は、未処理対照群と比較して2倍の有意な減少を示し、ハイブリダイゼーション部位の喪失と電磁界持続的な遺伝毒性作用がほのめかされた。一般的ストレスへの応答に関与する遺伝子(70 kDaの熱ショックタンパク質をエンコードするHSP70、およびシグナル伝達に関与するMEKK1)の発現酸化ストレスへの応答に関与する遺伝子カタラーゼをエンコードするCAT)、ならびに化学的および免疫防御への応答に関与する遺伝子(ライセニンをエンコードするLYS、骨髄分化因子をエンコードするMYD)が、10 V/mおよび変調23 V/mへのばく露後に上方制御された。HSP70およびMTCO1タンパク質の増加がウェスタンブロットで示され、このストレス応答が確認された。著者らは、2時間のばく露後の24時間の回復期間後にHSP70およびLYS遺伝子上方制御されたことは、電磁界ばく露の影響が数時間持続することを意味する、と結論付けている。

ばく露