研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[低電力密度の超高周波電磁界はサッカロミセス・セレビシエ細胞の対数増殖期には影響しない] med./bio.

Extremely high frequency electromagnetic fields at low power density do not affect the division of exponential phase Saccharomyces cerevisiae cells.

掲載誌: Bioelectromagnetics 1997; 18 (2): 142-155

この研究は、指数関数的増殖する酵母(Saccharomyces cerevisiae)細胞に低電力密度(0.5μW/ cm2および50μW/ cm2)の電磁界(周波数範囲41.682GHz〜41.710GHzを2MHzずつ変化させた)ばく露を与え、細胞分裂への非熱的レベルの影響を調べた。ばく露装置は、電磁界パラメータの正確さおよび安定性を保証し、外部発生源からの影響を最小限にするように注意深く設計、検証された。同一のテストチャンバを2つ作成し、全ての周波数ごとに、対照実験とばく露実験を同時に行った。細胞分裂は、微速度写真法で評価した。対照実験は、細胞が亜最大速度で分裂していることを示したので、分裂速度の増加または減少のどちらでも観察可能であることを保証した。いくつかの独立した一連のばく露実験および対照実験からのデータは、ばく露細胞と非ばく露細胞の間の一貫した有意差を示さなかった、と報告している。また、この周波数範囲で酵母の細胞分裂への非熱的影響を報告した先行研究と対照的な結果となった理由について議論している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate the cell division rate of the yeast Saccharomyces cerevisiae exposed to electromagnetic fields.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 40–45 GHz
ばく露時間: continuous for 5.5 h

ばく露1

主たる特性
周波数 40–45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 continuous for 5.5 h
Additional information in 2 MHz increments
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 12.6 mm
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
SAR 1.33 W/kg maximum 計算値 - 0.8 - 1.33 W/kg at 50µW/cm²
電力密度 50 µW/cm² maximum - - -
電力密度 0.5 µW/cm² minimum - - -

Reference articles

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results showed no consistently significant differences between exposed and unexposed yeast cells.

研究の種別:

研究助成

関連論文