研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超低周波磁界は損傷した脊髄をミクログリアおよび鉄による組織損傷から保護する] med./bio.

Extremely low frequency magnetic field protects injured spinal cord from the microglia- and iron-induced tissue damage.

掲載誌: Electromagn Biol Med 2017; 36 (4): 330-340

この研究は、脊髄損傷ラットにおけるミクログリアおよび鉄による二次的傷害超低周波磁界が減衰させる潜在的可能性を調べた。雄のWistarラット脊髄を完全に切断した後、17.96 µTの50 Hz磁界に2時間/日、8週間ばく露した。研究期間終了時、脊髄を解剖し、ミクログリア、マクロファージ、鉄含量を定量化し、病変部位の構造を調べた。その結果、脊髄損傷磁界ばく露群では脊髄損傷群と比較して、運動活動の有意な改善が認められた。また、脊髄損傷磁界ばく露群では脊髄損傷群と比較して、組織学免疫組織化学、およびフローサイトメトリ分析により、病変部の体積、ミクログリア、マクロファージコラーゲン組織および鉄含量の有意な減少、ならびに病変部中心での周囲で血管内皮成長因子の有意に高い発現が認められた。これらの知見は、ELF磁界脊髄損傷後の血管新生促進することに加えて、病変部の体積、炎症および鉄含量を減少させることを示唆している、と著者らは結論付けている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文