研究のタイプ: 疫学研究 (observational study)

[女性の乳がんと職業および居住磁界ばく露] epidem.

Occupational and residential magnetic field exposure and breast cancer in females.

掲載誌: Epidemiology 2000; 11 (1): 24-29

本研究の目的は、女性の乳がんに対する磁界職業ばく露の影響を評価し、誤分類を少なくするために居住内ばく露職業ばく露を組み合わせることである。スウェーデンの送電線から300m以内に住んでいる人を対象にした症例-対照研究である。全国がん登録所から女性の乳がん症例を見つけた。小理恵当たり無作為に1名の対照を抽出した。居住ばく露は、送電線からの磁界を計算して推定した。職業については人口調査から、職業は磁界測定に基づいて職種-ばく露マトリックスに関連づけた。診断前での最も近い時間で0.25uT以上の磁界への職業ばく露で、推定相対リスクは1.0(95%CI=0.6-1.79)であった。診断時に50歳以下の女性の相対リスクは1.5 (95%CI=0.6-3.5)であった。50歳以下でエストロゲン受容体ポジティブな乳がん女性では、相対リスクは3.2(95%CI=0.5-18.9)であった。職業と居住の両ばく露を組み合わせても、結果は同じであった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文