[出芽酵母の経時的老化及び細胞安定性に対する正弦波及びパルス化磁界ばく露の影響] med./bio.

Effect of sinusoidal and pulsed magnetic field exposure on the chronological aging and cellular stability of S. cerevisiae.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2019; 95 (11): 1588-1596

この研究は、出芽酵母の経時的老化及び細胞安定性に対する低周波及び低強度の正弦波磁界及びパルス磁界の影響を調べた。出芽酵母の野生株(WS8105-1C)を正弦波磁界(2.45 mT、50 Hz連続波)及パルス磁界(1.5 mT、25 Hz、8時間/日)にばく露し、経時的老化を40日間評価した。クローン原生アッセイ及び滴下試験で生存率を評価した。自発的突然変異数及び呼吸能力指数(IRC)で細胞安定性を調べた。その結果、パルス磁界ばく露群では細胞の経時的老化の加速が認められたが、正弦波磁界ばく露群では認められなかった。パルス磁界ばく露群ではミトコンドリアの自発的突然変異の発生頻度の減少が認められたが、正弦波及びパルス磁界ばく露群のいずれにもIRCの変化は認められなかった、と著者らは報告している。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露