[大腸菌0157H7、黄色ブドウ球菌及び表皮ブドウ球菌による抗生物質感受性、代謝活性及びバイオフィルム形成に対するWi-Fi放射の影響の評価] temp.

Evaluation of Wi-Fi Radiation Effects on Antibiotic Susceptibility, Metabolic Activity and Biofilm Formation by Escherichia Coli 0157H7, Staphylococcus Aureus and Staphylococcus Epidermis.

掲載誌: J Biomed Phys Eng 2019; 9 (5): 579-586

この研究は、異なる病原性細菌株(大腸菌0157H7、黄色ブドウ球菌、及び表皮ブドウ球菌)に対する2.4 GHzのWi-Fi電波の非熱作用抗生物質耐性、運動性代謝活性、バイオフィルム形成への影響)を調べた。Wi-Fiルータを波源に用いて、た。24時間及び48時間連続でばく露した。抗生物質耐性はミューラーヒントン寒天プレート上のディスク拡散法で調べた。大腸菌0157H7の運動性運動性寒天プレートで調べた。代謝活性及びバイオフィルム形成はそれぞれ、MTTアッセイ及びクリスタルバイオレット定量化で調べた。その結果、Wi-Fi電波ばく露大腸菌0157H7の運動性及び抗生物質耐性を変化させたが、黄色ブドウ球菌及び表皮ブドウ球菌の抗生物質耐性には影響しなかった。他方、ばく露群では非ばく露群と比較して、大腸菌0157H7、黄色ブドウ球菌、及び表皮ブドウ球菌の代謝活性及びバイオフィルム形成能の上昇が認められた、と報告している。

ばく露