研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[熱レベルのマイクロ波放射により引き起こされた小管膜構造およびATPアーゼ活性の非熱的変化] med./bio.

Athermal alterations in the structure of the canalicular membrane and ATPase activity induced by thermal levels of microwave radiation.

掲載誌: Radiat Res 1994; 137 (1): 52-58

この研究は、Sprague-Dawleyラット(200〜250g)に、直腸温度が2.2 ℃上昇する程度の熱ばく露を1日30分、4日間、マイクロ波放射および輻射熱源を用いて与え、肝臓への影響を調べた。マイクロ波は、2.45 GHz、80 mW/cm2の連続波 (CW)を用いた。4日間のばく露終了から5日目に動物を屠殺し、肝臓を摘出した。細管膜を単離し、アデノシントリホスファターゼATPase)活性、総脂肪酸組成および膜流動特性を評価した。その結果、Mg(++)-ATPase活性(Vmax)は、マイクロ波放射群で48.5 %減少したのに対し、輻射熱群では有意な変化は見られなかった;マイクロ波放射群では、Mg(++)-ATPase活性の減少が、それと同時に増加したNa+/K(+)-ATPase活性(対照よりVmaxが170 %増加)によって部分的に相殺されたが、輻射熱群ではこのような変化は起きなかった;マイクロ波放射群でのATPase活性の変化は、不飽和脂肪酸に対する飽和脂肪酸の比率の大幅な減少と関連したが、輻射熱群では反対に、この比率は上昇した;電子常磁性共鳴(EPR)スピンラベル法により測定された細管膜の流動性は、脂肪酸組成の変化を反映して、3群(擬似ばく露マイクロ波放射、輻射熱)で異なっていた、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(acc. to editor)

Different alterations such as ATPase acitivity, fatty acid composition and membrane fluidity of rat liver canalicular membrane after microwave radiation were investigated.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: 30 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
波形
  • sinusoidal
ばく露時間 30 min
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
チャンバの詳細 styrofoam cage 25 cm x 15 cm x 15 cm
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力密度 800 W/m² - - - -
SAR 72.4 W/kg - - - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
  • liver (canalicular liver membrane)
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The decreased ATPase activity in microwave exposed animals was associated with a large decrease in the ratio of saturated to unsaturated fatty acids, which leads to an significant fluidization of the canalicular membrane.

研究の種別:

研究助成