[ヒト神経芽細胞腫細胞およびマウスミクログリア細胞のアポトーシス、オートファジー、酸化ストレス、および電子鎖輸送機能に対するパルス変調無線周波磁界(RF-EMF)ばく露の影響] med./bio.

Effects of pulse-modulated radiofrequency magnetic field (RF-EMF) exposure on apoptosis, autophagy, oxidative stress and electron chain transport function in human neuroblastoma and murine microglial cells.

掲載誌: Toxicol In Vitro 2020; 68: 104963

この研究は、N9ミクログリア細胞およびSH-SY5Y神経膠芽腫細胞のアポトーシス、オートファジー、酸化ストレスおよび電子交換に対する、超低周波変調された935 MHz無線周波RF電磁界の影響を調べた。細胞を4 W/kgの比吸収率SAR)で2時間および24時間ばく露または擬似ばく露した。その結果、どちらの細胞でも、RFばく露アポトーシス、生きた細胞の数、アポトーシス誘導因子(AIF)を変化させなかった。24時間ばく露ではオートファジーのマーカーであるATG5のタンパク質レベル増加が認められたが、2時間ばく露では認められなかった。また、どちらの細胞、およびどちらのばく露時間でも、LC3B-I、II、およびpERKの変化は認められなかった。SH-SY5Y細胞のみでグルタチオンGSH)の一過性の増加が認められたが、過酸化水素およびチトクロームCオキシダーゼの増加は認められなかった。これらの結果は、今日の安全ガイドラインで受け入れられているSARレベルでの短時間のRF電磁界は、オートファジーおよび酸化ストレスを生じるかも知れず、その影響は細胞の種類およびばく露時間に依存することを示している、と著者らは結論付けている。

ばく露