[超低周波磁界への職業的ばく露におけるフーリエ変換赤外分光法によるDNAおよびヘモグロビンの品質評価] med./bio.

Quality assessment of DNA and hemoglobin by Fourier transform infrared spectroscopy in occupational exposure to extremely low-frequency magnetic field.

掲載誌: Environ Sci Pollut Res Int 2020; 27 (36): 45374-45380

先行研究では、造血系に対する超低周波(ELF)磁界の影響が示されているが、その分子的改変および生物学毒性は不明である。この研究は、ヘモグロビンおよびDNAの変化に対するELF磁界への職業的ばく露の影響を、フーリエ変換赤外(FTIR)分光法で調べた。発電所制御室内での作業従事者から抽出した29人をELF磁界ばく露群、ばく露群と性別、年齢、労働経験、喫煙習慣、社会経済的状態でマッチングしたボランティア参加者29人を対照群とした。血液サンプルからDNAおよびヘモグロビンを採取し、FTIR分光法で調べた。その結果、ばく露群および対照群磁界ばく露レベルは、それぞれ0.38-50 μTおよび0.19-20 μTの範囲であった。ばく露群のヘモグロビンのレベルは15.67 ± 1.42 g/dLで、対照群よりも有意に低く(p = 0.0001)、ヘモグロビン炭化水素(CH)含量およびCOO構造に有意な変化が認められた。更に、DNAには有機塩基官能基による有意な変化が認められた。これらのDNAおよびヘモグロビンの構造変化はヒトの健康リスクを生じる可能性がある、と著者らは述べている。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露