[マウスにおける静電界による酸化ストレスならびに学習および記憶の低下に対する防護におけるNrf2の役割] med./bio.

The role of Nrf2 in protection against electrostatic field-induced oxidative stress and learning and memory decline in mice

掲載誌: Environ Sci Pollut Res 2022 [in press]

この研究は、酸化ストレスの重要な調節因子であり、多くの外的刺激に対する生物の防護に顕著な影響を及ぼすことが同定されている、核因子赤血球2関連因子2(Nrf2)に焦点を当てている。56.3 kV/mの静電界への7日間および14日間のばく露の結果、マウス海馬細胞質および核内のNrf2タンパク質、ならびに抗酸化遺伝子スーパーオキシドジスムターゼ2、およびグルタチオンペルオキシダーゼ1の発現レベルの有意な上昇が認められた。Nrf2遺伝子発現レベルに有意差は認められなかった。これらの結果は、静磁界ばく露下ではNrf2遺伝子発現上方制御とは異なる方法でNrf2シグナル伝達を活性化し得ることを示している。イソニアジドによるNrf2シグナル伝達の抑制静磁界による遺伝子転写およびたんぱく質発現を阻害し、結果として抗酸化能の低下、脂質過酸化生物のレベル上昇、および回復不能な学習および記憶障害を生じ得る。これらの結果は、静磁界による酸化ストレス、ならびに学習および記憶能力の低下において、Nrf2シグナル伝達経路が防護的な役割を担っていることを示しており、静磁界に関連した神経毒性の予防と治療のための潜在的戦略を提示している、と著者らは結論付けている。

ばく露