[ラットの心血管系に対する熱およびWiFi(2.4 GHz)の影響] med./bio.

Effects of Heat and WiFi (2.4 GHz) Exposure on Rat Cardiovascular System

掲載誌: Health Scope 2022; 11 (3): e120282

この研究は、ラットの心血管系における組織病理学的変化に対するWiFi周波数へのばく露の影響を調べた。成体の雄ラット32匹を対照群、WiFiばく露群(2.45 GHzに2時間/日、連続52日間ばく露)、熱ばく露群(43℃の温水に10分間/日、連続52日間ばく露)、熱+WiFiばく露群(WiFiばく露後に温水ばく露)に割り付けた。52日目に心臓を摘出し、立体解析学を用いて総容積および重量を測定した。心筋細胞の核の数と心筋の体積を測定した。血液サンプルを採取し、還元グルタチオンGSH)量、総抗酸化能(TAC)マロンジアルデヒドMDA)のレベルを測定した。その結果、WiFiばく露群では対照群と比較して、心臓の重量および心筋の体積密度が高く(p < 0.05)、またMDAレベルが高く、TACおよびGSHが低かった(p < 0.05)、と著者らは報告している。

ばく露