[50 Hz磁界にばく露後の5-インドールオキシウリジン^125Iの体内への吸収] med./bio.

5-Iododeoxyuridine-125I incorporation in vivo after exposure to a 50 Hz magnetic field.

掲載誌: In Vivo 1998; 12 (5): 531-534

雄のCBAマウスを50Hzの磁界に54時間継続してばく露または擬似ばく露させ、全身および胸腺甲状腺、肺、腎臓脾臓精巣、胃、盲腸、小腸大腸などの臓器における125IUdR (5-インドールウリジン)の吸収を計測し、細胞増殖の考察を行った。体重ならびに臓器の重量に関しては、磁界ばく露したマウスとばく露していないマウスの間に違いは見られず、体重および臓器への125^I 活性の吸収に関しても同様であった。研究結果として、最大振幅14μTの磁束密度で54時間、50Hzの磁界に継続してばく露したマウスの細胞増殖への影響は確認されず、少なくとも最後の30時間に125 IUdRをトレーサーとして使用した場合に検出可能である何らかの影響は示されなかった。

日本語版の論文要約はJEICが作成しており、英語版の論文要約に比べ簡潔な内容としている場合があります。 英語版の論文要約の全訳が必要な場合は、ログイン後、「要約を依頼」から依頼して下さい。

ばく露

関連論文