研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[甲状腺に対する超低周波磁界と内分泌かく乱化合物アトラジンとの相乗効果の研究] med./bio.

Studies on the synergistic effects of extremely low-frequency magnetic fields and the endocrine-disrupting compound atrazine on the thyroid gland.

掲載誌: Int J Radiat Biol 2010; 86 (12): 1050-1060

研究目的(著者による)

幼若な性成熟前のラット(出生後23-53日齢)の甲状腺に対する、超低周波磁界内分泌かく乱化合物アトラジンの影響を(それぞれ個別に)を調べ、また、これら2つの因子の組合せ(共ばく露)によって生じるかも知れない相乗効果を調査すること。

詳細情報

動物を6群(各群n=12)に分けた:1) 磁界ばく露、2) アトラジン処理(体重あたり毎日20mg/kg)、3) アトラジン処理(毎日200mg/kg)、4) 磁界ばく露アトラジン処理(20mg/kg)、5) 磁界ばく露アトラジン処理(200mg/kg)、6) 対照

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 50 Hz
ばく露時間: continuous for 4 hr/day (from 10:00 to 14:00) on 30 days

General information

Animals were divided into six groups: i) exposure to EMF ii) 20 mg/kg body weight of atrazine iii) 200 mg/kg body weight of atrazine iv) 20 mg/kg body weight of atrazine + exposure to EMF v) 200 mg/kg body weight of atrazine + exposure to EMF vi) control group

ばく露1

主たる特性
周波数 50 Hz
タイプ
  • magnetic field
ばく露時間 continuous for 4 hr/day (from 10:00 to 14:00) on 30 days
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
Distance between exposed object and exposure source 12 cm
ばく露装置の詳細 solenoid equipped with a cooling system; cages with animals placed on both sides of the solenoid; inhomogeneous field with the maximum field on the side of the cage near the coil
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
磁束密度 100 µT minimum 測定値 - ICNIRP limit for public exposure
磁束密度 300 µT maximum 測定値 - ICNIRP limit for working environment
電界強度 54 V/m minimum 測定値 - -
電界強度 160 V/m maximum 測定値 - -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

このデータは、処理群と対照群では甲状腺の構造に有意な変化はないことを示した。甲状腺濾胞及びとその結合組織の体積密度に関して、磁界ばく露群と2つのアトラジン処理群、ならびに磁界ばく露群と共ばく露群で、有意な結果が見られた。

対照群と比較して、高用量のアトラジン単独処理のみが、肥満細胞の数に有意に影響した。

結論として、甲状腺に対する磁界内分泌かく乱化合物のアトラジンとの相乗効果は見られなかった。幾つかの処理群で認められた甲状腺実質組織学的変化については、更なる調査が必要である。

研究の種別:

研究助成

関連論文