研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[枯草菌胞子のマイクロ波ばく露に対する反応における熱的および電磁気的な影響の相互依存性について] med./bio.

On the interdependence of thermal and electromagnetic effects in the response of Bacillus subtilis spores to microwave exposure.

掲載誌: Radiat Res 1977; 71 (1): 251-258

この研究は、高出力レベルのマイクロ波電磁界に対する生体の応答における熱的作用と電磁気的作用の相互依存性を調べた。熱的領域および電磁気的領域の貢献および相互作用を理解する実験的なアプローチとして、マイクロ波電磁界中での枯草菌の胞子の不活性化率を熱単独ばく露における不活性化率と比較する方法を提示した。用いたマイクロ波は、2.45 GHz連続波で、最大出力30 kW、電界強度718-1310 V / m、ばく露時間は最大30分とした。熱のみのばく露には従来型のオーブンを用いた。その結果、熱単独ばく露マイクロ波ばく露で、不活性化率に測定可能な差が見られたと報告し、これらの差が、マイクロ波ばく露による熱的効果の明確な指標であると考察している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To distinguish between thermal and electromagnetic effects on the inactivation rate of Bacillus subtilis spores. Microwave exposure was compared to conventional oven heating.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 2.45 GHz
Modulation type: CW
ばく露時間: up to 300 min

ばく露1

主たる特性
周波数 2.45 GHz
タイプ
  • electromagnetic field
ばく露時間 up to 300 min
Additional information +- 50 MHz
Modulation
Modulation type CW
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
ばく露装置の詳細 waveguide in TE10-mode; end of test tube positioned in the center of the waveguide
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電力 30 kW maximum 測定値 - -
電界強度 1,310 V/cm maximum 測定値 - 718 V/m - 1310 V/m

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
調査の時期:
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

When comparing the inactivation rate with that obtained by exposure to heat alone, measurable differences were found. These differences are a clear indication of a nonthermal effect caused by microwave exposure.

研究の種別:

研究助成