研究のタイプ: 医学/生物学の研究 (experimental study)

[超広帯域電磁パルスへのC3H /HeJマウスの反復的ばく露:乳房腫瘍への影響なし] med./bio.

Repeated exposure of C3H/HeJ mice to ultra-wideband electromagnetic pulses: lack of effects on mammary tumors.

掲載誌: Radiat Res 2001; 155 (2): 369-377

この研究は、マウスを用いた実験で、超広帯域UWB)周波数からなるパルス波ばく露乳がん発生に影響するか否かを調べた。ばく露に用いたUWBパルスは、立ち上がり時間176 ps、立ち下がり時間3.5 ns、パルス幅1.9 ns、ピーク振幅40 kV/m、繰り返し率1 kHzであった。実験にはC3H/HeJマウスを用いた。100匹をばく露群、別の100匹を擬似ばく露群とした。各動物は、週に1回の2分間ばく露(または擬似ばく露)を12週間にわたって受けた。結果として、触診された乳腺腫瘍発生率腫瘍発症までの時間、腫瘍増殖速度、または動物生存率に関して、群間に有意差はなかった;病理組織学的評価では、検査したすべての組織リンパ網組織胸腺呼吸器系消化器系、尿路系、生殖系、乳腺系、内分泌系、ならびに皮膚)における新生物数に群間に有意差はなかった、と報告している。

The detailed summary of this article is not available in your language or incomplete. Would you like to see a complete translation of the summary? Then please contact us →

研究目的(著者による)

To investigate potential mammary tumor-promoting effects of repeated exposure to ultra-wideband pulses on mice.

影響評価項目

ばく露

ばく露 パラメータ
ばく露1: 100 MHz–51 GHz
Modulation type: pulsed
ばく露時間: 2 min/week for 12 weeks

ばく露1

主たる特性
周波数 100 MHz–51 GHz
特性
  • guided field
ばく露時間 2 min/week for 12 weeks
Modulation
Modulation type pulsed
Pulse width 1.9 ns
Rise time 176 ps
Fall time 3.5 ns
Repetition frequency 1,000 Hz
ばく露装置
ばく露の発生源/構造
  • parallel-plate transmisssion line, 0.73 m wide, 0.30 m high, 1.22 m long
チャンバの詳細 19.51m x 19.51 m anechoic chamber
Sham exposure A sham exposure was conducted.
パラメータ
測定量 種別 Method Mass 備考
電界強度 400 V/cm peak 測定値 - -
SAR 9.8 µW/g unspecified 推定値 whole body -

ばく露を受けた生物:

方法 影響評価項目/測定パラメータ/方法

研究対象とした生物試料:
研究対象とした臓器系:
調査の時期:
  • ばく露中
  • ばく露後

研究の主なアウトカム(著者による)

The results revealed no significant effects of repeated exposure of C3H/HeJ mice to ultrawide-band pulses on incidence of palpated mammary tumors, latency to tumor onset, rate of tumor growth, or animal survival.

研究の種別:

研究助成

関連論文